ホクリク魅力ソン実行委員会では、
地域課題の解決に向けた
アイデアソンを開催します。

わたしたちが暮らす「北陸」地域は、新幹線の開通などの影響もあり、全国的にも様々なかたちで注目されています。このような「変化」は歓迎されていますが、新しい課題も見えてきています。

地域が持つこれらの課題は、見方を変えれば、北陸が持つ「特色」でもあります。この特色を地域の「魅力」に転換することができれば、地域に新しい活力を吹き込むことができるはずです。

ホクリク魅力ソン2019では「くらしのそばにある文化・産業とICT」にフォーカスし、北陸地域の文化・産業が抱える課題を解決するためのアイデアをみんなで考える場を提供します。金沢市都市政策局・片町商店街振興組合・創作日本舞踊孝藤流・農事組合法人ONEの協力のもと、実行委員会を構成するCode for Kanazawaと情報通信研究機構がもつICT技術とバックグラウンドが異なる参加者のアイデアを掛け合わせ、課題解決までの道のりを参加者と考えましょう!

アイデアソンとは

アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」をかけ合わせた造語で、特定のテーマについて短期間で検討し、新しいアイデアを創出することを目的としたイベントのことです。

本イベントでは、学生と社会人を混成したチームを組みアイデアを出し合います。

募集定員は30名程度で、5人のチームを6組で実施することを予定しています。

様々な背景や専門性を持つ多くの学生・社会人にご参加いただくことで、多角的な視点での課題の掘り起こしと魅力への転換を試みます。

また、このアイデアソンを通じて、イベント後にまでつづく多様な人と人との繋がりがうまれることを期待しております。

なお、見学のみの参加も受け付けております。見学希望の方は、ホクリク魅力ソン実行委員会までご相談ください。

日時・場所

ホクリク魅力ソン2019は InputDayOutputDay の2日に分けて実施します。

InputDay では、北陸における課題を紹介・共有するパネルディスカッションを行います。
OutputDay では、InputDay の内容を踏まえながらメンターの指導のもと、課題を魅力に繋げるアイデアを創出します。

InputDay のみ」や「OutputDay のみ」にご参加いただくことも可能です。

InputDay

令和元年11月23日(土)

14時00分 から 16時30分
(予定)

ITビジネスプラザ武蔵 5F
石川県金沢市武蔵町14番31号
http://www.bp-musashi.jp

OutputDay

令和元年12月14日(土)

11時00分 から 18時00分
(予定)

ITビジネスプラザ武蔵 6F
石川県金沢市武蔵町14番31号
http://www.bp-musashi.jp
応募はこちら

InputDayOutputDay いずれも上記リンクからご応募ください。

InputDayは50名程度、OutputDayは30名程度を定員としております。
応募多数の場合は選考させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

応募はこちら

InputDayOutputDay いずれも上記リンクからご応募ください。

InputDayは50名程度、OutputDayは30名程度を定員としております。
応募多数の場合は選考させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。